PEOPLE & CULTUREひと・文化

ホーム >  ひと・文化 >  トップメッセージ

トップメッセージMessage

“世界を変える研究者”集団と共に、渋谷から10年先の未来を創造する

デンソーアイティーラボラトリでは、各分野で研鑽を重ね、様々な経歴をもつ研究者たちが、デンソーグループの一員として交通社会の安全性向上に繋がる技術開発はもちろん、クルマとモビリティ社会全体の未来を見据え、「種」となる先端基礎研究に注力しています。

ここには「世界一の技術」を探求するデンソーグループならではのスケールやダイナミクスさと、大きなホワイトボードを駆使しながら「自ら考え、世の中を変えたい」と熱い議論を繰り広げる研究者たちの日常とが同居しています。

デンソーアイティーラボラトリの研究者たちは、毎日「まだ誰も解いていない問題」に向き合っているからこそ、様々な技術開発の現場が直面する難題に対して、尖ったアプロ―チを提示することができます。また、一見すると遠回りに思えるかもしれない最新の基礎研究を追求することで、その成果から見えてくる「兆し」を、モビリティ社会実現のためのソフトウェア開発・製品化の現場にいち早く提案し、世の中にまだない新しい価値を生み出す一翼を担っていると自負しています。

この研究所における私のミッションは、世界を変えたいと志向する高い専門性をもつ研究者たちが、最新の技術開発や先端基礎研究に没頭し、成長するための機会や環境を幅広く整えることで、このデンソーアイティーラボラトリを、10年後の未来をつくる「挑戦の場」とすることです。

開発現場で感じた、デンソーアイティーラボラトリの研究成果

デンソーアイティーラボラトリ(ITラボ)は、2000年にトヨタグループの一員であるデンソーが出資して作られた企業で、自動運転をはじめとする情報処理技術の研究開発が主なミッションです。

デンソーグループのソフトウェア研究を担う30人ほどの研究者集団が、「自分たちで課題を見つけ、それを解決する技術の柱を作る」シーズ提案型の企業です。研究分野には、深層学習やニューラルネットワーク、画像認識、自然言語処理、認知科学、信号処理、ユーザーインターフェース、センシング技術などがあります。

私自身は研究者出身ではありませんが、1985年にデンソーに入社し、ABSを含めたブレーキ制御や先進運転支援システムの開発に携わってきました。ITラボとは人や物に衝突しないクルマの開発を通じ、研究成果に触れ、その存在意義を強く感じていました。

情熱をもつ研究者だけが味わえる、シーズ提案から量産化の醍醐味

ITラボでの研究テーマは、トップダウンではなく、会社として伸ばしていきたい方向性を共有し、研究者たちが、それぞれの知識と未来へのアンテナをベースに「何が今後の課題なのか」、「何が実現できるのか」を考えて決めます。もちろん、デンソーをはじめ、様々な自動車関連企業からの依頼による技術開発も行いますが、メインは先端研究に裏打ちされた「未来の種」の提案であり、自主性を活かして自由に機動的に研究に取り組む研究者たちが私たちの価値の源泉となっています。

そして、ITラボの醍醐味には、研究・学会発表に留まらず、プロトタイプの開発や、デンソーとの協業を通じた製品化まで関わることができる点にもあります。研究開発系の企業で、基礎研究からこうした量産段階まで経験できるというのは珍しいのではないでしょうか。これが研究者にとってチャレンジングでやりがいのある環境に繋がっているようです。

ただ、環境がどれだけ整っていても、一番大事なのは研究者それぞれの研究への情熱です。自分の理想とする世界像からブレずに、世の中を変えていきたいというチャレンジングな研究者こそが、誰も解いたことがない難題を解き続け、最終的には製品という形で世の中を変えることができるのだと思います。

「世界一の技術」をリードする研究のために

デンソーは「世界一の技術」を採用する企業ですから、そのデンソーに提案する研究をするということは、私たちはそれぞれの研究分野で「世界一」である必要があります。

世界が相手ですから、会社としても研究者が各研究分野でプレゼンスを高められるよう、多岐にわたるサポートをしています。論文の発表はもちろん、技術研鑚や知識のインプット・アウトプットの場となる学会活動は国内外問わず積極的に参加を推奨し、聴講に関してもほぼ全て出張を許可しています。そして、アカデミックコミュニティとの関係を築くことも重視し、社会人博士号取得の支援や共同研究などを行っています。その他、研究員制度としてMIT、スタンフォード、UCバークレーといった大学へも社費派遣しています。

今後は、ITビジネスのメッカである「渋谷」にオフィスがあることを最大限に活用し、多様な外部の研究者や学生との勉強会などコミュニケーションの場を設け、ITラボが研究者のハブとなれるようなオープンな研究環境を目指しています。

来たれ、世界をつくる研究者

デンソーアイティーラボラトリは、これからも世界一を目指す“世界を変えたい研究者”を応援し続けます。
流行りのIT企業のような派手さはありませんが、数年先の世の中を変えるチャンスに満ちた私たちの研究所で、先端基礎研究から実用化技術の開発まで、世界中の優秀な研究者たちと切磋琢磨し、研究の醍醐味を日々実感しながら、一緒に未来づくりに挑戦しましょう。

熱意ある研究者の皆さん、お待ちしています。

株式会社デンソーアイティーラボラトリ
代表取締役社長 岸本 正志

ラボで働くRecruit

採用情報