メニュー English お問い合わせ English お問い合わせ

main_research_sp

研究内容

研究分野ソフトウェア論文・発表

研究分野

私たちの机から、未来が生まれる。

デンソーアイティーラボラトリは従来の自動車の枠を超え、

ITを用いて、朝起きてからのすべての生活シーン(食事・移動・活動)を

トータルにサポートする、一歩先の研究開発に取り組んでいます。

そして、その研究開発の成果を最終的に製品やサービスとして世の中に送り出します。

主な研究分野

Computer Vision 画像認識

弊社が「あんしん運転」の実現に向けて取り込んでいます。あんしん運転とは、事故だけでなく、ヒヤリハットさえも起こさない運転です。これには、車が乗る人の気持ちに寄り添い、周囲の状況にも気を配るような技術が必要です。あんしん運転を実現するにはクルマの目となる画像認識技術が欠かせません。

弊社のコンピュータビジョングループで、画像認識技術を研究し、世界一を目指して最先端技術の開発に取り組んでいます。また、実用化に向けて車載機でリアルタイムに動作するレベルまで技術を高めています。開発している複数の物体をリアルタイムで認識できる技術(SPADE: Scalar Product Accelerator by integer DEcomposition)やディープラーニング(深層学習)を用いた歩行者検出が国内学会に限らず、国際学会で注目されています。これからも、世界トップの技術を発信するつもりです。

また、開発した画像認識技術は車以外の分野にも応用されています。例えば、産業用ロボット(高速かつ高精度な部品の位置決め)や画像検索サービスや、デンソーウェーブの将棋ロボット「電王手さん」に将棋の位置決めとして弊社の画像認識技術が使われています。

pic1_01

歩行者検出の動作例

pic1_02

処理の流れ

Natural Language Processing 自然言語処理

モバイルネットワーク環境及びクラウドコンピューティングの発展により、高精度の大語彙連続音声認識が利用できるようになり、音声対話によって簡単かつ迅速に目的の情報へアクセスができるようにする情報インタフェースへの期待が高まっています。

その実現には、音声認識で得られた発話の内容を理解するための自然言語処理技術が重要となります。特に、コマンドなどの予め決められたフレーズのみではなく、話し言葉による自由なくだけた表現や新しい用語に対しても言語解析、意味理解などを精度よく行えるようにするための要素技術研究を行っています。

また一問一答の質問応答だけではなく、対話により曖昧な質問であってもインターラクションを通じて質問の意図を絞り込み、所望の情報にアクセスできるようにしたり、あるいは特定ドメインの話題に制限する事なく雑談のように様々な話題について連鎖し会話を続ける事ができるようにしたり、さらには日常生活の中で人と周辺状況を共有し、対話をしながら協調作業ができるようにするための意図推定、知識処理、対話処理、実世界とのグランディングなどの応用を見据えた研究も行います。

pic2_01

教師なし形態素解析の模式図

pic2_02

解析の様子

Signal Processing, Control Theory, Time Series Processing 信号処理・制御理論・時系列解析

Signal Processing, Control Theory, Time Series Processing 信号処理・制御理論・時系列解析

私たちが信号処理を研究する目的は実際にモノを動かすためです。

モノを動かすためには,センサーからの観測値を補正し,信号を検出し,制御入力へと変換する必要があります。当たり前ですが,いずれの要素が抜けても,モノを動かすことはできないため、この3要素を欠けることなく研究しています。

また、モノといっても自動車には限りません。デンソーでは自動車分野以外にもヘルスケア、セキュリティなどの事業分野があり、いずれの分野でも信号処理が必要とされます。

例えば,セキュリティでは監視カメラを動かすためのレーザエリアセンサの信号処理を開発しています。レーザエリアセンサで測距された点群から、侵入者を検出し、その位置、大きさ,速度を推定します。この推定値を使って、侵入者の未来位置を予測し、侵入者に監視カメラを向けて撮影します。この内部では,統計的検出処理、クラスタリング、トラッキングといった様々なテクニックを使っています。この信号処理の難しさは、多量のデータを処理するのにもかかわらず、製品適用のため、低コストな組込みCPUでも処理できる工夫が要求される点です。こういった観点から、弊社の信号処理開発では計算量のコンパクト化が重要なテーマになっております。

pic3_01

アンテナパターンの例

Cognitive Science, User Interface 認知科学・ユーザインタフェース

もしかしたら、今あなたはスマートフォンやタブレットを使って、この文章を読んでいるかもしれません。

このように、最近では情報機器というモノを介して、いつでもその先にある様々な情報に触れることが普通になってきています。こうした人と機械(モノ)の境界を、ユーザインタフェースやヒューマンマシンインタフェースなどと言います。使いやすいインタフェースは、表面的な見た目の美しさや動きの良さだけあればよいというものではなく、その裏側にある情報の選び方や提示の仕方まで考え抜かれている必要があります。

自動車の世界では、車を運転するインタフェースは、主にハンドル、アクセル、ブレーキなどで長らく変わってきていませんが、最近では自動運転車がニュースを賑わせている通り、どんどん車が賢くなってきており、現在ではドライバが足で操作しなくても、車が先行車に追従走行してくれる機能が実用化されています。また以前は車の情報機器といえば主にカーナビでしたが、現在ではスマホなど、本来車用ではなかったものを車内に持ち込んで使う方も増えました。そのような時代にこれからは車のインタフェースはどうあるべきかが議論になっています。もちろんインタフェースとしては、使いやすいだけではなく安全性も考慮しなければなりません。ドライバの行動意図なども知る必要があるでしょう。その答えを見つけるのは今とてもエキサイティングな研究領域です。

pic4_01
pic4_02

ドライブシミュレータ

ページトップへページトップへ ページトップへ