メニュー English お問い合わせ English お問い合わせ

研究

研究

研究分野ソフトウェア論文・発表

論文・発表

Last update : 2017-06-29

2017

  • Yuichi Yoshida, Tsuyoshi Toyofuku, “Image retrieval framework based on dual representation descriptor”, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E100-D, No.10
  • Keisuke Uto, Makoto Obayashi, Gaku Takano, “Finding a Feasible Initial Solution of a Flatness-Based Multi-Link
    Manipulator Motion Planning under State and Control
    Constraints”, SICE International Symposium on Control Systems 2017

2016

  • Yoshiaki Sakakura, Chiharu Yamano, “Online Adaptive Bank of Recursive Least Square Estimators for Slowly Time-Varying and Abruptly Changing Systems”, CDC2016
  • Makoto Obayashi, Keisuke Uto, Gaku Takano, “Appropriate overtaking motion generating method using predictive control with suitable car dynamics”, CDC2016
  • Satoshi Kondo, “Demitasse: SPMD Programing Implementation of Deep Neural Network Library for Mobile Devices”, ML Systems Workshop NIPS 2016
  • 関川雄介,鈴木幸一郎,原孝介,佐藤育郎,吉田悠一, ” 高速固有位相マッチング”, 精密工学会誌 82巻12号 2016年12月5日
  • Yusuke Sekikawa, Koichiro Suzuki, Kosuke Hara, Ikuro Sato, Yuichi Yoshida, “Fast Eigen Matching”, BMVC2016
  • 山本光穂,近藤賢志,加藤誠(京都大学),田中克己(京都大学), “音声検索における身体的行動を利用した検索結果の適合性推定”, FIT2016
  • Fumio Mizoguchi(Tokyo University of Science), Hirotoshi Iwasaki, “Meta-Cognition for Inferring Car Drivers Cognitive Behavior from Driving Recorder Data”, ICCI*CC 2016
  • Horoaki Koma(Tokyo University of Science), Taku Harada(Tokyo University of Science), Akira Yoshizawa, Hirotoshi Iwasaki, “Considering Eye Movement Type when Applying Random Forest to Detect Cognitive Distraction”, ICCI*CC 2016
  • Akira Yoshizawa, Hiroyuki Nishiyama(Tokyo University of Science), Hirotoshi Iwasaki, Fumio Mizoguchi(Tokyo University of Science), , “Machine-Learning Approach to Analysis of Driving Simulation Data”, ICCI*CC 2016
  • 大山洋介(東工大), 野村哲弘(東工大), 佐藤育郎, 西村裕紀(デンソー), 玉津幸政(デンソー), 松岡聡(東工大), “学習条件を考慮した大規模非同期ディープラーニングシステムの性能モデリング”, SWoPP2016
  • 安倍満,松本拓也,山下隆義(中部大),藤吉弘亘(中部大), “整数基底分解によるDeep Neural Networkの時間・空間計算量削減”, MIRU2016
  • 長谷川 昂宏(中部大), 安倍 満, 石川 康太, 上瀧 剛(熊本大), 山内 悠嗣(中部大), 山下 隆義(中部大), 藤吉 弘亘(中部大), “画像マッチングのための因子分解による局所特徴量表現”, MIRU2016
  • 吉田悠一,豊福剛, “二重特徴表現による特定物体認識”, MIRU2016
  • 近藤賢志, “組み込み向けDNNライブラリの実装と演算性能評価”, MIRU2016
  • 長谷川 昂宏(中部大),安倍 満,石川 康太,上瀧 剛(熊本大),山内 悠嗣(中部大学), 山下 隆義(中部大学), 藤吉 弘亘(中部大学), “Multiple-Hypothesis Affine Region Estimation With Anisotropic LoG Filters”, MIRU2016 invited talk(originally presented at ICCV2015)
  • Ikuro Sato, Hiroki Nishimura(Denso), Kensuke Yokoi(Denso), “APAC: Augmented Pattern Classification with Neural Network”, MIRU2016
  • 宇土敬祐, 高野岳, 大林真人, “「状態制約・入力制約を有する 6 自由度ロボットアームの連続時間動作計画アルゴリズム開発”, ROBOMECH2016
  • 安倍満,松本拓也, “二値特徴量を用いた高速・省メモリなランドマーク推定ソフトウェア trACE”, 第22回画像センシングシンポジウム(SSII2016)
  • 塚原裕史, 内海慶, “対話行為と話題推定によるラベル伝搬を利用した雑談生成方法の改良”, 人工知能学会全国大会
  • 大山洋介(東工大), 野村哲弘(東工大), 佐藤育郎, 西村裕紀(デンソー), 玉津幸政(デンソー), 松岡聡(東工大), “Performance Modeling of a Large Scale Asynchronous Deep Learning System under Realistic SGD Settings”, HPDC2016
  • 大林真人,宇土敬祐,高野岳, “予測制御に基づく自律的な追越し動作の行動計画における車両運動モデル
    “, 2016年自動車技術会春季大会
  • 塚原裕史, 内海慶, “言い換えを利用した対話行為推定の汎化性能向上”, 自然言語処理学会年次大会(NLP2016)
  • 佐藤育郎, 渡邉隆太郎, 西村裕紀(デンソー), 野村哲弘(東工大), 松岡聡(東工大), “大規模画像データセットの機械学習のための分散コンピューティング”, TSUBAME e-Science Journal vol. 14
  • 原 孝介, 斎藤 英雄(慶應義塾大学), “三次元点群からの勾配画像処理に基づく高精度地図の自動生成”, 自動車技術会論文誌

2015

  • 安倍 満,長谷川 昂宏(中部大),藤吉 弘亘(中部大), “対応点探索のための特徴量表現”, 信学技報, vol. 115, no. 388, PRMU2015-104, pp. 53-73, 2015年12月.
  • Kosuke Hara, Hideo Saito(Keio University), “Vehicle Localization based on the Detection of LineSegments from Multi-Camera Images”, Journal of Robotics and Mechatronics
  • 川崎 敦史(慶應義塾大学),斎藤 英雄(慶應義塾大学),原 孝介, “都市の3次元構造を利用した非重複カメラ間の特徴点マッチングによる車両運動の推定”, 精密工学会誌
  • 佐藤 育郎 , “実務で使えるCNN”, VIEW2015
  • 関川 雄介,佐藤 育郎,鈴木 幸一郎,吉田 悠一,原 孝介, “高速固有位相マッチング”, VIEW2015
  • 安倍 満, “高速物体認識のための二値特徴量”, VIEW2015
  • Hiroshi Tsukahara, Kei Uchiumi, “System Utterance Generation by Label Propagation over Association Graph
    of Words and Utterance Patterns for Open-Domain Dialogue Systems”, The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation
  • 大塚 恭平(慶應義塾大学),原 孝介,青木 義満(慶應義塾大学), “歩行者・自動車間のヒヤリハット事例に基づく危険度推定モデルを用いた危険因子の分析”, 自動車技術会秋季学術講演会
  • Akira Yoshizawa, Hirotoshi Iwasaki, “Influence of Nonvisual Secondary Tasks on Driver’s Pedestrian Detection”, International Journal of Cognitive Informatics and Natural Intelligence(IJCINI)
  • Atsushi Kawasaki(Keio University), Hideo Saito(Keio University), Kosuke Hara, “Motion Estimation for Non-Overlapping Cameras by Improvement of Feature Points Matching Based on Urban 3D Structure”, The
    23rd IEEE International Conference on Image Processing(ICIP), 2015
  • Gaku Takano, Makoto Obayashi, Keisuke Uto, “Path Planning for Autonomous Car to Avoid Moving Obstacles by Steering using Tangent-Arc-Tangent-Arc-Tangent Model”, The 2015 IEEE Multi-Conference on Systems and Control(MSC2015)
  • Ryuichiro Higashinaka(NTT), Masahiro Mizukami(NAIST), Kotaro Funakoshi(HRI), Masahiro Araki(Kyoto Inst. Tech.), Hiroshi Tsukahara, Yuka Kobayashi(Toshiba), “Fatal or not? Finding errors that lead to dialogue breakdowns in chat-oriented dialogue systems”, Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing(EMNLP 2015)
  • Ryuichiro Higashinaka(NTT), Kotaro Funakoshi(HRI), Masahiro Mizukami(NAIST), Hiroshi Tsukahara, Yuka Kobayashi(Toshiba), Masahiro Araki(Kyoto Inst. Tech.), “Analyzing dialogue breakdowns in chat-oriented dialogue systems”, Errare 2015
  • Ryuichiro Higashinaka(NTT), Kotaro Funakoshi(HRI), Masahiro Araki(Kyoto Inst. Tech.), Hiroshi Tsukahara, Yuka Kobayashi(Toshiba), Masahiro Mizukami(NAIST), “Towards Taxonomy of Errors in Chat-oriented Dialogue Systems”, The 16th Annual SIGdial Meeting on Discourse and Dialogue(SIGDIAL2015)
  • Fumio Mizoguchi(Wizdomtex, Inc.), Hayato Ohwada(Tokyo University of Science), Hiroyuki Nishiyama(Tokyo University of Science), Akira Yoshizawa, Hirotoshi Iwasaki, “Identifying Driver’s Cognitive Distraction Using Inductive Logic Programming”, 25th International Conference on Inductive Logic Programming
  • 可児 佑介(デンソー), 吉澤 顕, “Recurrent Neural Networkを用いたドライバの視線方向予測”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)
  • 川崎 敦史(慶應義塾大学), 斎藤 英雄(慶應義塾大学), 原 孝介, “都市の3次元構造を利用した非重複カメラ間の特徴点マッチングによる車両運動の推定”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)
  • Kei Uchiumi, Hiroshi Tsukahara, Daichi Mochihashi(The Institute of Statistical Mathematics), “Inducing Word and Part-of-Speech with Pitman-Yor Hidden Semi-Markov Models”, The 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 7th International Joint Conference on Natural Language Processing
  • Mitsuru Ambai, Taketo Kimura, Chiori Sakai, “Fast and Accurate Object Detection based on Binary Co-occurrence Features”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)
  • 黒川 貴都(中部大学), 山内 悠嗣(中部大学), 安倍 満, 山下 隆義(中部大学), 藤吉 弘亘(中部大学), “相関の高い行列のグルーピングによる効率的な行列分解”, 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015)
  • Mitsuru Ambai, Ikuro Sato, “SPADE: Scalar Product Accelerator by Integer Decomposition for Object Detection”, MIRU2015 invited talk(originally presented at ECCV2014)
  • 大塚 恭平(慶應義塾大学), 原 孝介, 青木 義満(慶應義塾大学), “歩行者・自動車間のヒヤリハット事例に基づく危険度推定モデルを用いた危険因子の分析”, 第21回画像センシングシンポジウム(SSII2015)
  • 安倍 満, 清水 幹郎(デンソー), 大石 悠貴(デンソー), “二値共起特徴量による高速かつ高精度な物体検出”, 第21回画像センシングシンポジウム(SSII2015)
  • 大石 悠貴(デンソー), 清水 幹郎(デンソー), 安倍 満, “二値共起特徴量とSPADEを用いた高速物体認識技術の車載用組み込み半導体への実装”, 第21回画像センシングシンポジウム(SSII2015)
  • 塚原 裕史,内海 慶, “単語と対話パターンの相関ネットワーク上のラベル伝搬による対話生成”, 2015年度 人工知能学会全国大会
  • 加藤 誠(京都大学), 山本 光穂, 田中 克己(京都大学), “質問応答による会話的適合フィードバック”, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015)
  • 山本 岳洋(京都大学), 山本 光穂, 田中 克己(京都大学), “役割に基づく協調検索における検索行動分析”, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015)
  • 東中 竜一郎(NTT), 船越 孝太郎(HRI), 荒木 雅弘(京都工織大), 塚原 裕史, 小林 優佳(東芝), 水上 雅博(NAIST), “Project Next NLP 対話タスク:雑談対話データの収集と対話破綻アノテーションおよびその類型化”, 言語処理学会第21回年次大会ワークショップ 自然言語処理におけるエラー分析
  • 鍛冶 伸裕(東京大学), 森 信介(京都大学), 高橋 文彦(京都大学), 笹田 鉄朗(京都大学), 斉藤 いつみ(NTT), 服部 圭吾(富士ゼロックス), 村脇 有吾(京都大学), 内海 慶, “形態素解析のエラー分析”, 言語処理学会第21回年次大会
  • 内海慶, 塚原 裕史, 持橋 大地(統計数理研究所), “隠れセミマルコフモデルに基づく教師なし完全形態素解析”, 言語処理学会第21回年次大会
  • 塚原 裕史,内海 慶, “オープンプラットフォームとクラウドソーシングを活用した対話コーパス構築方法”, 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015)
  • Hiroyuki Nishiyama(Tokyo University of Science), Akira Yoshizawa, Hirotoshi Iwasaki, Fumio Mizoguchi(Wizdomtex, Inc.), “Cog-Tracker: A New Tool for Detecting Distracted Car Driving Using Eye-Movement and Driving Data on a Tablet PC”, 30th International Conference on Computers and Their Applications
  • Taku Harada(Tokyo University of Science), Shuhei Kawakami(Tokyo University of Science), Akira Yoshizawa, Hirotoshi Iwasaki, Fumio Mizoguchi(Wizdomtex, Inc.), “Evaluation of Cognitive Distracted State based on Classified Eye Movement Types”, 30th International Conference on Computers and Their Applications
  • 山本 岳洋(京都大学), 山本 光穂, 田中 克己(京都大学), “役割に基づく協調検索における検索行動分析”, 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015)
  • 加藤 誠(京都大学), 山本 光穂, 田中 克己(京都大学), “質問応答による会話的適合フィードバック”, 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015)
  • 大前 学(慶應義塾大学), 岡田 成弘(慶應義塾大学), 原 孝介, “サービスエリア内等の歩車混在環境での自動運転における歩行者の移動予測情報を用いた路車協調型速度制御に関する研究”, 自動車技術会論文集 Vol.46 No.2
  • 内海 慶, 塚原 裕史, 持橋 大地(統計数理研究所), “隠れセミマルコフモデルに基づく品詞と単語の同時ベイズ学習”, 情報処理学会研究報告 2015-NL-220(3)
  • 黒川 貴都(中部大学), 山内 悠嗣(中部大学), 安倍 満, 山下 隆義(中部大学), 藤吉 弘亘(中部大学), “行列分解と早期棄却による多クラス物体検出の高速化”, 情報処理学会研究報告(IPSJ SIG Technical Report)

2014

  • 吉田 悠一, “大学教員から見た『企業と大学の蜜月な関係』とは?”, Webインテリジェンスとインタラクション研究会
  • 大前 学(慶應義塾大学), 岡田成弘(慶應義塾大学), 原 孝介 , “歩行者の移動予測情報を用いたPA/SA内自動運転のための路車協調型速度制御に関する研究”, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会(SII2014)
  • Yoshiaki Sakakura, “Household Power Demand Simulator with Compact Representation of Occupant Behaviors”, 2014 IEEE International Conference on Smart Grid Communications
  • Yuji Yamauchi(Chubu University), Mitsuru Ambai, Ikuro Sato, Yuichi Yoshida, Hironobu Fujiyoshi(Chubu University), Takayoshi Yamashita(Chubu University), “Asymmetric Feature Representation and Efficient Fitting Feature Spaces for Object Recognition in Client Server System”, ACCV2014(The 12th Asian Conference on Computer Vision)
  • Takahiro Hasegawa(Chubu University), Yuji Yamauchi(Chubu University), Mitsuru Ambai, Yuichi Yoshida, Hironobu Fujiyoshi(Chubu University), “Keypoint Detection By Cascaded FAST”, ICIP2014(IEEE International Conference on Image Processing)
  • 大前 学(慶應義塾大学), 岡田 成弘(慶應義塾大学), 原 孝介, “サービスエリア内等の歩車混在環境での自動運転における歩行者の移動予測情報を用いた路車協調型速度制御に関する研究”, 自動車技術会 秋季学術講演会
  • 奥谷 知克, 伊藤 安海(山梨大学), 佐藤 真一(健康科学大学), 吉澤 顕, “安価な重心動揺計による高齢者ストレッチ体操の効果測定”, 生体医工学シンポジウム2014
  • Mitsuru Ambai, Ikuro Sato, “SPADE: Scalar Product Accelerator by Integer Decomposition for Object Detection”, ECCV2014(European Conference on Computer Vision)
  • 増谷 修, “A proactive route search method for an efficient city surveillance”, ITSWC2014
  • Ikuro Sato, Hideki Niihara, Kensuke Yokoi(Denso), “Visual Rcognition of Pedestrians with Deep Neural Networks”, ITSWC2014(World Congress on Intelligent Transportation Systems)
  • 原田 拓(東京理科大学), 森 一祥(東京理科大学), 吉澤 顕, 岩崎 弘利, “A Design of the Cognitive Process Model for a Car Driver considering Quantitatively Expressed Distraction”, ICCI*CC 2014
  • 溝口 文雄(東京理科大学, 株式会社ウィズダムテック), 西山裕之(東京理科大学), 岩崎弘利, “A new approach to detecting distracted car drivers using eye-movement data”, ICCI*CC 2014
  • 吉澤 顕, 岩崎弘利, “Effects of Non-visual Secondary Tasks on Driver’s Gazing Behavior for Pedestrians”, ICCI*CC 2014
  • Yusuke Sekikawa, Sang-won Leigh(MIT Media Lab), Koichiro Suzuki , “Coded Lens: Using Coded Aperture for Low-cost and Versatile Imaging”, ACM SIGGRAPH(The 41th international Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interractive Techniques)
  • 石川 康太, 佐藤 育郎, 安倍 満, “Pairwise Rotation Hashingによる高次元バイナリ変換”, 第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
  • 黒川 貴都(中部大学), 山内 悠嗣(中部大学), 安倍 満, 山下 隆義(中部大学), 藤吉 弘亘(中部大学), “高速な多クラス物体検出のための行列分解と早期棄却”, 第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
  • Ikuro Sato, Hideki Niihara, Kensuke Yokoi(Denso), “Real-Time Pedestrian Detection with Depth Estimation by Convolutional Neural Networks”, 第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
  • 安倍 満, “物体認識の高速化・省メモリ化のための二値特徴量”, 第20回画像センシングシンポジウム(SSII2014)
  • 安倍 満, “SPADE:識別辞書の三値分解と二値特徴量による高速物体認識”, 第20回画像センシングシンポジウム(SSII2014)
  • 原 孝介, 鈴木 幸一郎, 安達 仁吾, 山野 千晴, “線分特徴を使った車載カメラ画像と地図の照合による自車位置推定”, 第20回画像センシングシンポジウム(SSII2014)
  • 佐藤 育郎, “アルゴリズムの力で自動車の事故率を低減させる!”, 第20回画像センシングシンポジウム(SSII2014)
  • 吉田 裕(東京理科大学), 大和田 勇人(東京理科大学), 溝口 文雄(東京理科大学), 岩崎弘利, “Classifying Cognitive Load and Driving Situation with Machine Learning”, International Journal of Machine Learning and Computing, Vol. 4, No. 3, June 2014
  • 坂倉 義明, “住宅の電力需要解析のためのコンパクトな需要家行動パターン表現”, 第58回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’14)
  • 佐藤 育郎, 後藤 邦博(デンソー), 玉津 幸政(デンソー), “車載カメラからの飛び出し検知”, 自動車技術 Vol.68, No.4
  • Ikuro Sato, Hideki Niihara, “Beyond Pedestrian Detection: Deep Neural Networks Level-Up Automotive Safety”, GPU Technology Conference 2014

2013

  • 増谷 修, 劉 正(デンソー), “Feasible study of a light weight traffic prediction system in China”, デンソーテクニカルレビューVol. 18
  • 平林 裕司, 吉澤 顕, 近藤 賢志, 奥谷 知克, 吉田 悠一, “デンソーの情報通信技術動向”, デンソーテクニカルレビューVol. 18
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “高速かつメモリ消費量の少ない局所特徴量”, デンソーテクニカルレビューVol. 18
  • 岩崎 弘利, 吉澤 顕, 瀬賀 信一郎(ヤフー), 平石 広典(秋田高専), 溝口 文雄(東京理科大学), “車両信号による運転負荷の定量化と情報提供基準・ドライバの機器操作基準への適用”, デンソーテクニカルレビューVol. 18
  • 安倍 満, “対応点探索のための二値特徴量”, 情報処理学会研究報告 2013-CVIM-189(19), 1-14, 2013-11-21(チュートリアル講演)
  • 鈴木 幸一郎, 安倍 満, 佐藤 育郎, “Gaussian hashing”, 第16回 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2013)
  • 奥谷 知克, 吉川 泰男(デンソー), 田中 巌(デンソー), “Measurement of Sleepiness Depth Based on Accelerator Operation”, ITS世界会議2013
  • 増谷 修, 劉 正(デンソー), “Toward a resilient prediction system for non-uniform traffic data”, ITS世界会議2013
  • デンソー(共同開発), “NaviCon”, Android Application Award 2013
  • デンソー(共同開発), “NaviCon”, Tech100Award2013
  • 内海 慶, 塚原 裕史, “ベイズ階層言語モデルとSemi-Markov SHDCRFの協調学習による教師なし形態素解析”, 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告
  • 佐藤 育郎, 安倍 満, 鈴木 幸一郎, “Sparse Isotropic Hashing”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)
  • Yuji Yamauchi(Chubu Univ.), Mitsuru Ambai, Ikuro Sato, Yuichi Yoshida, Hironobu Fujiyoshi(Chubu Univ.), “Distance Computation Between Binary Code and Real Vector for Efficient Keypoint Matching”, MIRU oral presentation(IPSJ Transactions on Computer Vision and ApplicationsVol. 5(2013) pp. 124-128)
  • 安倍 満, “SPADE:三値分解法とカスケード型識別器による二値特徴量の高速な線形識別”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)
  • 長谷川 昂宏(中部大学), 安倍 満, 山内 悠嗣(中部大学), 吉田 悠一, 藤吉 弘亘(中部大学), “Cascaded FASTとCARDによる 高速な2画像間の対応付け”, 第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) デモセッション
  • 安倍 満, “特定物体認識のための局所特徴量”, STARCアドバンスト講座
  • 安倍 満, 柴田 光彦(デンソー), “CARD特徴量を用いた検査対象の高速検出”, 第19回画像センシングシンポジウム(SSII2013)
  • 長谷川 昂宏(中部大学), 山内 悠嗣(中部大学), 藤吉 弘亘(中部大学), 安倍 満, 吉田 悠一, “Cascaded FASTによるキーポイント検出”, 第19回画像センシングシンポジウム(SSII2013)
  • 佃 洸摂(京都大学),大島 裕明(京都大学),山本 光穂,近藤 賢志,田中 克己(京都大学), “属性の組み合わせとその相性に基づく複合オブジェクト検索”, 第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
  • K. Tsukuda(Kyoto University), H. Ohshima(Kyoto University), M. Yamamoto, H. Iwasaki, and K. Tanaka(Kyoto University), “Discovering Unexpected Information on the basis of Popularity/Unpopularity Analysis of Coordinate Objects and their Relationships “, Proceedings of the 28th ACM Symposium On Applied Computing
  • 吉田 悠一, 関川 雄介, 他, “iPhoneアプリ開発エキスパートガイド iOS 6対応”, インプレス
  • 佐藤 真一(健康科学大学), 伊藤 安海(山梨大学), 奥谷 知克, 佐山 友允(栄商金属), 北野 幸江(富士河口湖町), “多職種による高齢者ドライバー支援事業の実践~安全に地域で長く運転するために~”, 日本リハビリテーション連携学会

2012

  • 原 孝介, 安倍 満, 佐藤 育郎, 神谷 孝二(デンソーウェーブ), “局所特徴とマーカーを用いたRGB-Dカメラによる生産設備の形状計測”, ビジョンの実利用ワークショップ(ViEW2012)
  • 原 孝介, “Kinectを使ったレイアウト検討”, 新型コントローラRC8セミナー
  • 鈴木 幸一郎, 安倍 満, 佐藤 育郎, “データ分布の2次モーメントのみにもとづくバイナリコーディング手法”, 第15回 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2012)
  • 佃 洸摂(京都大学),大島 裕明(京都大学),山本 光穂,岩崎 弘利,田中 克己(京都大学), “語の認知度と同位語間の関係に基づく意外な情報の発見”, WebDB Forum 2012
  • 増谷 修, 劉 正(デンソー), “Feasible study of a light weight prediction system in China”, ITS世界会議2012
  • 溝口 文雄(東京理科大学, 株式会社ウィズダムテック), 大和田 勇人(東京理科大学), 西山裕之(東京理科大学), 岩崎弘利, “Identifying Driver’s Cognitive Load Using Inductive Logic Programming”, 22nd International Conference on Inductive Logic Programming
  • 原田 拓(東京理科大学), 森 一祥(東京理科大学),岩崎 弘利, 吉澤 顕,溝口 文雄(東京理科大学, 株式会社ウィズダムテック), “視線移動に基づく認知状態の ニューラルネットワークによるモデル化”, 平成24年 電気学会 電子・情報・システム部門大会
  • 瀬賀 信一郎, 岩崎 弘利, 平石 広典(秋田高専), “Personal DJ Cloud: that can provide Programs suitable for User Preference and Cognitive Situations for a Smart Phone”, The 11h IEEE International Conference on COGNITIVE INFORMATICS & COGNITIVE COMPUTING(ICCI*CC2012)
  • 安倍 満, 佐藤 育郎, “教示あり学習に基づく高速なバイナリコード変換”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)
  • 平林 裕司, “自動車の情報化に伴う 新たな価値”, MathWorks Automotive Conference 2012
  • 伊藤 安海(名古屋大学), 久保田 怜(国立長寿医療研究センター), 根本 哲也(国立長寿医療研究センター), 奥谷 知克, 大瀧 雅世(健康科学大学), 山田 陽滋(名古屋大学) , “運転トレーニングと認知機能の関係”, 2012年度 人工知能学会 全国大会
  • 吉田 悠一, 関川 雄介, 他, “iOS5プログラミングブック”, インプレス
  • 安倍 満, “次世代の局所特徴量 ~高速かつメモリ消費量の少ない特徴量記述~”, 第18回画像センシングシンポジウム(SSII2012) チュートリアル講演
  • 吉田 悠一, “実世界とデータを結ぶ!画像処理技術×スマホのこれから”, shibuya meets tech
  • 増谷 修, “ArcGIS for Windows Phone”, GISコミュニティフォーラム2012
  • 平林 裕司, “交通情報の高度化”, 世紀高通
  • 平林 裕司, “ラボから見た車の情報化”, 京都大学
  • デンソー(共同開発), “スマホ×カーナビ連携アプリ ”NaviCon”(ナビコン)”, MCPC Award 2012
  • 大野 尚則(岐阜県情報技術研究所), 奥谷 知克, 藤井 優武(株式会社ブイ・アール・テクノセンター), “高齢者の歩行機能診断を目的とした運動特徴量計測”, インタラクション2012
  • 佃 洸摂(京都大学),大島 裕明(京都大学),山本 光穂,岩崎 弘利,田中 克己(京都大学), “エンティティ間の関連性に基づく意外な情報の発見”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム
  • 瀬賀 信一郎, 岩崎 弘利, 平石 広典(秋田高専), 溝口 文雄(東京理科大学), “Qualitative reasoning approach to a driver’s cognitive mental load”, International Journal of Software Science and Computational Intelligence(IJSSCI)
  • 原 孝介, 安倍 満, 佐藤 育郎, 神谷 孝二(デンソーウェーブ), “KINECT を用いた3次元復元の産業用ロボット教示への応用”, CVIM研究会

2011

  • 安倍 満, “計算環境の変遷に伴う特徴量研究の新しい展開 ~モバイルコンピューティングからGPUまで~”, PRMU研究会
  • 高橋 侑久, 大島 裕明(京都大学), 小山 聡(京都大学),山本 光穂,岩崎 弘利,田中 克己(京都大学), “インパクトを考慮した歴史エンティティの重要度計算手法”, 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.12, pp.3542-3557, 2011年12月
  • 平林 裕司, “車の情報化と技術開発”, RTICフォーラム
  • 安倍 満, “CVPR2011出張報告”, CVIM研究会
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “CARD: Compact And Real-time Descriptors”, ICCV2011(IEEE International Conference on Computer Vision)
  • 瀬賀 信一郎, 岩崎 弘利, 平石 広典(ウイズダムテック), 溝口 文雄(ウイズダムテック), “VERIFICATION OF DRIVING WORKLOAD USING VEHICLE SIGNAL DATA FOR DISTRACTION-MINIMIZED SYSTEMS ON ITS”, 第18回ITS世界会議
  • 平林 裕司, “ラボから見た車の情報化”, あいちユビキタスメディア研究会
  • 奥谷 知克, 岩崎 弘利, 伊藤 安海(国立長寿医療研究センター), 久保田 怜(国立長寿医療研究センター), “ペダル操作による高齢者ドライバの運転特徴量の計測”, 自動車技術会2011年秋季大会 自動車技術会論文集 43(4), 929-934, 2012, Society of Automotive Engineers of Japan
  • 瀬賀 信一郎, 岩崎 弘利, 吉澤 顕, 平石 広典(秋田高専), 溝口 文雄(東京理科大学), “車両信号による運転負荷の定量化と情報提供基準・ドライバの機器操作基準への適用”, 2011年自動車技術会秋季学術講演会
  • 吉田 悠一, “ナビゲーションメーカーにおけるスマホナビへの取り組み”, スマートフォンにおけるナビゲーション/ロケーションサービスの最前線と成長戦略
  • 瀬賀 信一郎, 岩崎 弘利, 平石 広典(秋田高専), 溝口 文雄(東京理科大学), “Applying qualitative reasoning to a driver’s cognitive mental load”, The 10th IEEE International Conference on COGNITIVE INFORMATICS & COGNITIVE COMPUTING(ICCI*CC2011)
  • 安倍 満, 新原 英樹, 吉田 悠一, “低スペックCPUのための高速かつ省メモリな局所特徴量”, 第17回画像センシングシンポジウム(SSII2011)
  • 吉田 悠一, “モバイル画像処理 ~スマートフォンでCVを~”, 第17回画像センシングシンポジウム(SSII2011)
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “高速かつメモリ消費量の少ない局所特徴量”, 第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
  • Yuku Takahashi, Mitsuo Yamamoto, Hirotoshi Iwasaki, Satoshi Oyama, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka, “Evaluating Significance of Historical Entities Based on Tempo-Spatial Impacts Analysis Using Wikipedia Link Structure”, HyperText 2011
  • 佐藤 育郎, 山野 千晴, 柳川 博彦(デンソー), “Crossing Obstacle Detection with a Vehicle-Mounted Camera”, Intelligent Vehicle 2011
  • 高橋 侑久(京都大学),大島 裕明(京都大学),  小山 聡(京都大学), 山本 光穂,岩崎 弘利, “Wikipediaリンク構造を用いた歴史エンティティの重要度計算”, 日本データベース学会論文誌 Vol.10, No.1, pp.25-30, 2011年6月.
  • 安保 正敏(デンソー), 阿知波 恵造(デンソー), 清水 宏昭(デンソー), 永田 光俊(デンソー), 寺尾 由紀江(デンソー), 吉田 悠一, 今地 一輝(デンソークリエイト), “NaviCon”, モバイルプロジェクトアワード2011
  • s, PDF
  • Mitsuo Yamamoto, Yuku Takahashi, Hirotoshi Iwasaki, Satoshi Oyama, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka, “Extraction and Geographical Navigation of Important Historical Events in the Web”, Proceedings of the 10th International Symposium on Web and Wireless Geographical Information Systems(W2GIS 2011)
  • 吉田 悠一, “スマートフォンとナビ”, 次世代自動車分野の新たなサービス創出に向けて~ITS・ジオメディア・スマートフォン 新しいコラボの可能性~
  • Mitsuru AMBAI, Nugraha P. UTAMA and Yuichi YOSHIDA, “Dimensionality Reduction for Histogram Features Based on Supervised Non-negative Matrix Factorization”, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E94-D No.10 pp.1870-1879
  • Mitsuru AMBAI and Yuichi YOSHIDA, “Augmenting Training Samples with a Large Number of Rough Segmentation Datasets”, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E94-D No.10 pp.1880-1888

2010

  • 吉田 悠一, 高山 征大(DeNA), UICoderz, “iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック”, オライリージャパン
  • アリ ウィドド, 岩崎 弘利, 三田 貴之, 大門 樹, 田 容旭, “運転中のカーナビゲーション操作による有効視野への影響に関する基礎的検討”, 自動車技術会2010年秋季大会
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “ユーザーの領域分割結果に基づく一般物体認識”, PRMU研究会
  • 佐藤 育郎, 山野 千晴, 柳川 博彦(デンソー), “車載単眼カメラからの進路横断物体の検知”, 第13回 画像の認識・理解シンポジウム
  • 岩崎 弘利, 水野 伸洋, 原 孝介, 本村 陽一(産総研), “User-Adapted Recommendation of Content on Mobile Devices Using Bayesian Networks”, IEICE Trans. Inf.&Syst. Vol.E93-D No.5

2009

  • 吉田 悠一, 安倍 満, “Visual wordとwordの共起確率モデルを使った画像ラベリング”, PRMU研究会
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “事前知識を用いたNon-negative Matrix Factorization”, PRMU研究会
  • 増谷 修, 岩崎 弘利, “An event detection method using floating car data”, 第16回ITS世界会議
  • 安倍 満, 吉田 悠一, “Multiclass VisualRank: image ranking method in clustered subsets based on visual features”, SIGIR2009(The 32nd Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval)
  • 増谷 修, 岩崎 弘利, “BEIRA: An Area-based User Interface for Map Services”, World Wide Web Volume 12, Number 1

2008

  • 安倍 満, 吉田 悠一, “VisualRankの多クラスへの拡張: 画像特徴量を用いた類似画像の自動分類とランキング付け手法”, PRMU研究会
  • 吉田 悠一, 安倍 満, “領域間で共通する特徴点の数を利用した代表画像への自動アノテーション手法”, PRMU研究会
  • 塚原 裕史, 岩崎 弘利, “Extracting Knowledge from experiences while driving Using video drive recorders and driver monitoring systems”, ITS世界会議2008
  • 塚原 裕史, 岩崎 弘利, 戸田 泰史(京都大学), 平松 達也(京都大学), 西田 豊明(京都大学), 角 康之(京都大学), “視線とジェスチャによる車内会話量子の提示と獲得”, 第22回人工知能学会全国大会
  • 岩崎 弘利, 瀬賀 信一郎, 平石 広典(ウイズダムテック), 溝口 文雄(東京理科大学), “ベイジアンネットワークと制約解消によるユーザ適応型番組スケジューリングシステムの設計と評価”, 人工知能学会論文誌, Vol.23, No.4, pp.268-280(2008)
ページトップへページトップへ ページトップへ